SHIKA☆TALK

管理人SHIKAによる読書記録&テレビ・映画の鑑賞記録です。

暗黒館の殺人

なるほど、過去最大、『館』シリーズの集大成だけはあるな-というのが読後の率直な感想でした。

館シリーズ第1作『十角館の殺人』が発行されたのが、もう20年も前になるというのにびっくり。この本が出た時に「おもしろそうだな」と思って購入し、すっかりその独特な世界にはまり、以降次々と敢行される『館』シリーズは発売と同時に読みふけっておりました。
思えば、それまで海外のミステリを専門に読んでいた私が、日本のミステリに目を向けるきっかけになったのが、この『館』シリーズであると言っても過言ではないでしょう。

1987年十角館の殺人
1988年水車館の殺人
1988年迷路館の殺人
1989年人形館の殺人
1991年時計館の殺人(日本推理作家協会賞受賞作)
1992年黒猫館の殺人

そして、12年の年月を経て出された『暗黒館の殺人』-そうか12年も間が開いてたんだ・・・。


さて『暗黒館の殺人』・・・この話の最大のおもしろさは、いい意味での『予想を裏切る展開』です。
館とそこに住む人々、そして起こる事件について、いろいろな謎が出されるんですが、我々読者もその謎について読みながらなんとなく推理していくわけですよね。
ところがその推理がことごとく見事に外れていくわけです。素人だから当たり前だ、なんて言われるとみもふたもないのですが・・・、しかし読者がそう推理してくるだろうな、と予想して書いているだろうと思わずにはいられませんでした。
そして、私が「こうじゃないかな」と予想していることをそのまま語ってくれる登場人物(中也)には妙に肩入れしてしまうのでした(この中也なる人物・・・その設定にはホント唸りましたね)。
中也の推理に対し、この館の息子玄児が真実を明かしていく・・・。
事件については、二人が探偵役のような形になっていたのですが、館やそこに住む人々の秘密については玄児はすべて知っていたわけですから。

最終的に謎は明かされるのですが、最大の謎は実は事件そのものではない部分にあったというところが実におもしろかったです。
この謎については、あちらこちらに伏線はいっぱいあったのですが、なんとなく変だなと思いつつも読み飛ばしていたのですよね。


ものすごく分厚い本がさらに上下巻になっているのですが、これは一気に読みたくなる本です。下巻なんか1日がかりで読んじゃいましたよ。

また、以前読んだ館シリーズを読み返したくなりましたね。

如月行役決定!

SANSPO

「一体誰が演じるの?」ということで、やきもきしておりました『亡国のイージス』における最重要キャラクター(と言い切っていいのか?←いいんです!)『如月行』役が決定しました。

実際の行くんは21歳の設定なのですが、17歳の高校生『勝地涼』くんが演じることになりました。私、この役者さんのことは全く知りませんでしたので、どんな子かと今からワクワクしております。

自分的に想像する行のイメージというのはもちろんありますが、原作者の福井さんが彼を見た瞬間に「行だ!」と思ったそうなのですから、ばっちりはまっているのに違いないでしょう。

ちょっと調べてみたところ、この間の話題作『さとうきび畑の唄』とか『バトルロワイヤルⅡ』とかに出ていたそうですね。

とにかく、勝地くんには行のもっている『クールな誇り高さ』『ナイーブさ』をしっかり表現してもらえたらいうことないです、私。
リアル行・・・楽しみだな♪


ところで、福井さんはもうすぐ『亡国のイージス有名サイト』の管理者さんとご結婚されるそうですね。その第一報がSANSPOに出た時に「あの方?」と思ったら、やはりそうでした。
おめでとうございます。よい理解者とともにますますよい作品を生み出してください。

冬に来た依頼人

祥伝社文庫15周年記念特別書き下ろしシリーズの中の1冊です。中編小説の愉しみ~という謳い文句がこのシリーズについていますが、長編ぞろいの五條作品の中では拍子抜けするような短さです。(いや、夢の中の魚は短編集だから、そうともいえないか-でも、あの話はそれぞれがリンクしているからなぁ)
ご本人がある講演会でこの小説について『20年くらい前のこてこてのハードボイルドを目指した』とおっしゃってます。私は20年くらい前のハードボイルドシリーズってあまり詳しくないのでよく分からないんですけど、今風のハードボイルドって言ってもいいんじゃないのかな?

主人公は桜庭。とある法律事務所のサポートをしている調査事務所を開いている。そこでの主な仕事は『失踪者の調査』。そしてそこに、とある冬の日に現れた依頼人、それは昔の恋人・成美だった。
「キャバクラに勤める愛人とともに、会社の金を持ち逃げした夫を探して欲しい」
気乗りしないながらも、その調査に乗り出す桜庭。そこで出会った不思議な美少女・キリエ。
失踪した成美の夫の柿沢、その愛人である江美(彼女はキリエの先輩で同じキャバクラに勤めていた)この構図が桜庭の調査で、別の意味合いを示すことが浮かび上がってきて…。

この話の中では柿沢という人物は、人の口を通してしか現れてきません。そして、女性の目から見た柿沢と男性の目から見た柿沢のちがうこと。でも、それゆえにこの人の人物像がよりリアルに浮かび上がってきます。
女にとって「優しすぎて、不器用な人」というのは、支えてあげなくては-と思ってしまうんでしょうね。(自分も女なのに何言ってんだか(^0^)でも、わかりますね。確かに)
ゆえに男としては桜庭の方が断然カッコいいと思うんだけど、あくまでも柿沢を追う成美の気もちもわからないでもないです。自分が同じような行動をとるかは別だけど。

しかし、この小説は中心人物よりも脇役が光ってます!
特に桜庭の事務所とアコーディオンカーテンでのみ仕切って、別の事務所を構えている檜林。この人がいい味出してます。そしてサイボーグ美少女・キリエ。

さくさくっと読めます。ただ、他の作品とは幾分カラーが違うので、そのことを念頭において読まれるといいでしょう。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

Let'sぷにぷに!!
あなたのブログにいつでも触れる猫のニクキュ~!
肉球ブログパーツ新登場。
Powered by KAYAC