SHIKA☆TALK

管理人SHIKAによる読書記録&テレビ・映画の鑑賞記録です。

スノウ・グッピー

この小説は「小説宝石」2000年11月号~2001年8月号に連載されたものを大幅加筆修正したものであることをまず最初に明記しておきましょう。
つまりこの小説が書かれた時には「アメリカの無差別テロ」も起きていなければ、テロ対策特別法案も成立していないのです。自衛隊はPKO活動に派遣されても、自衛隊員を守るため以外に銃を使うことは許されていなかった、そういうわけです。

前置きが長くなってしまったけど、この小説はまたまたすごぉく考えさせられました。
戦争は反対です。殺し合いに解決策はないと思っています。戦場へ誰も送りたくないです。
その気もちは今でも同じですが、今の平和が何を元に成り立っているのか-ということをもっと真剣に考えなければならないなと思いました。
冒頭に1993年カンボジアでのPKO活動に参加したある自衛隊員の慟哭が書かれています。この思いはどういう形で結実していったのか―。

五條小説の魅力のひとつに『愛すべき登場人物』というものが挙げられるのですが、ここでもまた愛すべき人物が続々登場します。
まずは『三津谷雪人』。彼が主役でしょう。年齢は32歳ってところでしょうか。彼の所属する関東電子機器は防衛庁納入機器の開発部署をもっています。彼はその中でも主に今後の兵器開発の中心になるであろう電子戦機材の開発に力を注いでいます。そして、この小説の別の意味での主役『最先端の電子戦機器―グッピー』の生みの親ともいえる存在です。だからこそ、その『グッピー』が海に沈んだ時、同時に行方をくらました同僚の探索に奔走する羽目になったのですが。右目の下に泣きぼくろをもち、名前の通り、非常にピュアな人物。
次は『宇佐美寿男』。防衛庁総隊司令部運用課勤務。電子戦関連担当。階級は二佐で『グッピー』実験班の班長を務めています。仕事に熱心になるあまり家庭をおろそかにしてしまい、現在バツイチ。姿形の描写からも『ミスター自衛官』と言ってもいいでしょう(私が勝手に言ってるだけ(^。^))。
三津谷とは電子戦機材に関する官民合同研修会で知り合い、意気投合。で、とっても仲良し。
非常に切れ者なんですが、ロマンチストな面もあるんですね~。彼をして「汚したくない」と言わしめた三津谷。この二人の関係が非常によいです♪でもって、私、この人好き(^。^)
ラストは『江崎洋』。洋と書いてヒロと読む。しかし、その行動を見るにつけ、ロの文字をモに代えたらどうだって思ってしまいます(^。^)小松ではすっかり三津谷の部屋を自分の宿にしています。
在日米軍のオトシゴで、生まれは横須賀、今は沖縄在住。軍や自衛隊に対する執着(負の方向だけど)は並々ならぬものがあり、その結果、軍に関わる情報をつかみ(おもに色仕掛けで)、それを売って小金を稼ぐという生活を送っています。そんな江崎がひょんなことで知った機密『グッピー』。金になりそうだと沖縄から小松までやってきたのだが―。ハーフでしなやかな褐色の身体の持ち主。三津谷は江崎を見ては、夭折した俳優M氏を思い出しています。おへその周りにはへびの刺青があります。

この小説の帯には『日本海で起きていることを我々は知らなさすぎる』とあります。
ホントにその通りでしょう。
この本が出版されたのは12月20日なのですが、その翌々日12月22日には奄美大島沖で『不審船』が出現しました。停船命令に従わなかったため威嚇射撃をし、結局不審船は沈没したわけなのですが。この後、防衛庁は『防衛大綱』見直しにあたり、沿岸・重要施設警備や早期警戒態勢の強化を重点項目にしました。これは事実です。
しかし、この事実に恐ろしいほど符合しているのがこの小説のラストに書かれているのです。フィクションでありながら、ぐいぐい迫ってくるのはこういう理由からでしょうね。

何もせずに平和が得られるのならば、現状のままでいいでしょう。しかし、確かに時代は変化しています。真に平和な国にするにはどうしたらいいのでしょうか?今の日本の平和は砂上の楼閣にも思えてくる今日この頃です。
この小説でラストに犯人(?)の取った行動は、三津谷同様納得のできるものではないでしょう。しかし、そういう行動を取った行動原理がリアルに迫ってきます。
夢のために泥をかぶる覚悟を決めた男たちの姿を、ぜひ読んでみてほしいです。

150ページくらいまではとろとろ読んでいたけど、そこら辺りからは寝る間を惜しんでの一気読みでしたね~。

紫嵐<Violet Storm>

R/EOLUTIONシリーズ第2弾。
主人公はカンボジア難民であるキュー・ティット。通称“鳩”。鳩がキューとも呼べるところから、この名を使っているのだが、5歳かそこらで、カンボジアのプノンペンにあったS21尋問センターにおいて収容者番号VS-1002という境遇となり、処刑当日移動のトラックから飛び降りたことで生き延びることができたという、これまた苛酷な過去をもった男である。
その後、とある男に助けられ、ともにカンボジアから命がけで脱出した鳩は、貨物船に助けられた後、30過ぎの現在まで日本で生きてきた。しかし、日本はカンボジア難民である彼にとって、生きやすい場所ではなかった。
鳩を助けてくれた男は、日本人女性と結婚して井口という日本姓を得、大久保に自分の店を構えて慎ましく生きている。カンボジア以降ずっと鳩の親代わりとなっている井口にとって、新宿の裏社会の底辺でその日暮らしをしている鳩が歯痒くて仕方がない。
一方鳩は、生まれた国は地獄のような状態で、すべてを我慢し、耐え、そのあげく理不尽な殺され方をするところだった。しかし、その地獄から抜け出すべく辿り着いた日本でも、カンボジア難民であるということでいわれなき迫害を受けてきた。そんなこともあってか、時には夜も眠れぬほどの苛立ちに自分自身が圧迫されそうな思いを抱いている。
「カンボジア難民の中にも、立派な生き方をしている人は大勢いる。要するに、俺には忍耐力ってものが足りなかったのさ」という鳩。彼の鬱屈の原因は、自分たちはいつまで我慢し、耐え続けなければならないのだろうか-という怒りにも似たものなのであろう。

そんな鳩だったが、ひょんなことから一人の少年“すみれ”と出会う。そして、時を同じくして起こったある騒動に深くかかわるうちに、その運命を大きく転換させることとなった。

さて、このお話の主人公“鳩”。私は正直言って、彼にはほとんど感情移入できませんでした。鳩がすみれと接する時間が多いだけに、その差が歯痒くて-。まぁ、逆にいえば、それだけすみれが鮮やかだったんだけど。
はい、そのすみれちゃん。彼は満を持して登場!というところでしょうか。鉱物シリーズの第1弾「プラチナ・ビーズ」において、冒頭でサーシャが拾ったあの子どもがこんなに元気になりました♪
が、この話でのすみれは、こんな風に軽く語れないほどの存在感です。
サーシャによって住むところを与えられ、勉強し、着実に「生き抜く」ためのすべを身につけていっているすみれ。若干12、3歳というところなのに、彼は鳩に大きな影響を与えます。
ラストシーンですみれは鳩に言います。
「春になったら、この街に嵐を起こそうよ。この街に、今までなかったような強い風を吹かせるんだ。---ぼくらの嵐をね」
このすみれの言葉に鳩は捕まってしまった自分に気づきます。すみれに囚われたのだと-。
こうして、同志がまた一人増えたのでした。

五條作品のプロローグとエピローグは秀逸だと常に思ってるんですが、この話もそうですね。プロローグでこの作品群の意図する『革命』がどういうものか、おぼろげながら見えてきました(このプロローグはラストシーンそのものなのですが)。
でもってプロローグ!これは小説推理連載時にはなかったものです。が、井口の鳩への愛情を思うと「そうだったの!」と。彼らの出会いを「そんな偶然」と一笑するか、「それが運命だったんだ」と思うかでは受け止め方はちがうでしょうが。

最後におまけ(これが本題だったりして(^0^))
この小説は他作品の胸にジーンと来て号泣-っていうシーンは少ないんですが、かわりに楽しめるのが、すみれの可愛さ・賢さ&亮司の可愛さ(って言ってしまおう)&サーシャ様(様付けだよ)。
この3人の姿にもうめろんめろんですよ。
すみれの可愛さなんて、もうちっちゃいもの好きにとってはたまりません。ベッドの上で正座して、子ども用図鑑見たり、アンリ・ルソーの画集を声に出して読んだりしている姿は抱きしめたいほど可愛いです。
無条件にサーシャを慕う姿も{{(*^0^*)}} なのに、鳩をして「頼りになる相棒」扱いされるほど、思慮分別のある行動をとるし。この小説ですみれ株花丸急上昇なこと、間違いなし!
そして、亮司。断鎖でサーシャに捕まった亮司は、断鎖~紫嵐の間にサーシャと同居していたというオフィシャル設定があるそうですが、それが銀座の画廊なのね~。サーシャにすっかり捕えられてしまった亮司は、自分たちが思うほどサーシャは自分たちを必要としていないことが歯痒くて仕方がないようです。だって、サーシャとのシーンなんて拗ねまくりで、すみれより子どもに見えるくらいなんだもんね。
しかし、自分自身についてはすっかりふっきれたようで、「何不自由なく育ったおぼっちゃん」と鳩の目には見えています。実際そうなんだけど、1回は底辺を這いまわるような生活をしていた彼をここまで変えたサーシャってやっぱすごいわと改めて感心。いや、サーシャが変えたとはどこにも書いてないけど、そうとしか思えないのは、断鎖を読んだ方ならば納得でしょう。
そして、サーシャ。ど~してそういろんなこと知ってるの?一体、あなたはどこで何をやってるの?と相変わらず謎の多いお人ですが、その存在感には相変わらずやられます。この人には分からないことはないんじゃなかろうか?と思わせてくれます。

サーシャが起こそうとしている革命は「方法は変わった。しかし精神は変わらない」ものなのでしょう。

現在、3rd mission「心洞<Open Sesami>」が連載中です。時期は紫嵐から半年後ぐらいなのかな?ここでは5回まで来てますが、すみれが相変わらず素敵です。いまだ出てこないサーシャや亮司がどんな風に登場してくれるのかが、目下の楽しみなんですが、いつ出てくるんだろう?

断鎖<ESCAPE>

今なお続く、というよりも、この後全10巻に渡って書かれるというR/VOLUTIONシリーズの第1弾となる小説です。
主人公は相良亮司(原田亮司か?)。中国からの密入国者をさらに別の国(主にアメリカ)に送り出すという密航組織で働いている。彼らの組織は主に空路での密航を手がけているので、亮司はそれがスムーズに行われるように、偽のパスポート作りを担当しているのである。
そんな彼の勤めている組織の1部門―学校と呼ばれているところ―がある日、何者たちかに襲われ、多くの死傷者を出した。誰が、一体、何のために?
亮司はちょっとした手がかりから、関係者に接触していくうちに、知らず知らずこの事件の真相に近づいていく。そして、つかんだ真相は…。

ぐいぐいと物語の世界に引き込まれます。そして亮司にどんどん惹かれていきます(^。^)。
亮司はあえて社会の裏街道を歩いているのですが、アンリ・ルソーの画集を宝物にし、幼い頃は絵を描いて生活していきたいと夢見ていた、そんな青年。
彼は断ち切りたくて仕方がない鎖を持っています。彼は鎖につながれた犬のようなもので、いくらその鎖を断ち切って逃げても、すぐに見つけて連れ戻す飼い主がいた―そんな風な思いをずっと抱いて生きていました。だから、自由に放し飼い状態(ずいぶんな言い方だな、しかし)になっている今でさえ、『帰ってくる場所はここだよ』と手を広げて待っている場所があるということに、耐え難い息苦しさを感じています。そして、その息苦しさから逃れるには、飼い主そのものの存在を消すしかないとまで思っています。彼があえて裏街道を歩いているのは、この鎖の存在のため。

今まで読んできた五條作品全てそうなんですが、タイトルのつけ方がうますぎる。というより、このタイトルにこめられた意味というのが、作品のテーマそのものになっています。
鎖を断ち切らざるを得なかったものの慟哭。前にあるものが決して幸せではないものの、前しか見つめて生きられないものの痛ましさ。この小説の中でもさまざまなハードな人生が描かれていますが、彼らはそれでも決して負けない強さをもっています。
だから、亮司はこの事件の渦中で出会った人々から、本当に鎖を断ち切るには飼い主の存在を消すというような、そんな方法ではダメなのだということを知ることになります。
最後の章はホント涙ボロボロものです。

そして、サーシャ!このサーシャがまた、ここに出てくるどの人物よりも強烈な印象を残してくれます。やっぱりサーシャが好きです、私(^。^)
亮司にある人物の密航の手助けを頼んでくるのですが、ファースト・コネクションからして絶叫ものでした。作者がとある雑誌のインタビューで「友人に『私のサーシャ様は○○の芋ようかんは食べないわ!』と言われて…作者の私を差し置いて、彼はいつから食べないことになったんでしょうね?(笑)」と言ってらしたけど、やっぱりサーシャはようかんじゃないでしょう。この小説でサーシャ=バラ(しかも真紅)とワイン(しかも血の味サンテミリオン)だという認識が強められましたわ。
そして、プロローグとエピローグに出てくる台詞!
「――革命を起こさないか、この国に」
似合いすぎてたまりませんo(≧▽≦)o。この台詞がこのシリーズの核なんでしょう。
サーシャに翻弄された亮司ですが、結局こうしてサーシャとともに歩んでいくのでしょうね。鎖から解き放たれた亮司でしたが、今度はサーシャという魅惑的な鎖につかまったような気がします。
なんにせよ、どんな革命を彼らが見せてくれるのか、今後が楽しみです。

この続編は「紫嵐<Violet Storm>」というタイトルで小説誌に現在連載中です。途中からでは読んでも分からないかもしれないけど、読みはじめよっと。待てないですもの(^。^)
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

Let'sぷにぷに!!
あなたのブログにいつでも触れる猫のニクキュ~!
肉球ブログパーツ新登場。
Powered by KAYAC