SHIKA☆TALK

管理人SHIKAによる読書記録&テレビ・映画の鑑賞記録です。

残照

今野敏ブームは続いてます。
今回引っ張り出してきたのも『ベイエリア分署』ものです。陽炎とはちがい、長編です。

台場でカラーギャングのリーダーが背中を刺されて殺された。犯人と目されたのは、黒い亡霊と呼ばれるカリスマ的走り屋。

安積係長は速水と組んで捜査に当たる。『黒い亡霊』こと風間をよく知る速水は風間ではないという。ならば犯人は誰なのか…。


カーチェイスあり、地道な聞き込みもあり、速水という魅力的なキャラクターが大活躍で一気に読んでしまいました。
風間という少年もなかなかに魅力的なのですが、彼の行動の動機の部分や落ち着きの理由など、もうちっと書いてもらえるとよかったなぁと思います。


さて次は熱波を読もうかな。その前にレッドの感想あげるかな。

触発

今野敏さんの本ばっかり読んでます(#^-^#)

この本も一気に読みました。


朝の地下鉄霞ヶ関駅で爆弾テロ。犯行予告はあったが、テロにありがちな、だれがどんな意図で行ったかという犯行声明は全くなし。

そして第2の爆弾テロが…。


警視庁の部長刑事。
混血の自衛官。
フランス外人部隊の傭兵。
大学の社会科学の助教授。

さまざまな登場人物がそれぞれの事情を抱えて、この爆弾テロに関わっていきます。


犯人は登場した段階で分かります。ですから謎解きものではありませんが、展開がスリリングで、飽きさせません。

かつ登場人物たちのそれぞれの思いがきちんと描かれ、日本という国についても考えさせられます。

この作者の特徴として、読後感がすっきりしているということがあります。


でも、こういう犯罪がホントに起こったら…なすすべがないよな。

東京湾臨海署安積班シリーズ

ずいぶん前に新書版を買ったのですが、今文庫で出ています。

というわけでもないんですが、また読みたくなりまして、新書を引っ張り出してきました。

まずは短編集の陽炎から。短編なので、サクサクっと読めます。STの青山くんが出てくる『科学捜査』など面白かったです。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

Let'sぷにぷに!!
あなたのブログにいつでも触れる猫のニクキュ~!
肉球ブログパーツ新登場。
Powered by KAYAC