内田康夫さんの浅見光彦シリーズは、ほぼすべて読んでいます。

浅見光彦の行動哲学には大いに心動かされるのですが、一つの犯罪を収束させるための方法には納得できないものがままあります。

やはり、罪は償わないといけないでしょう。それが一つの組織を揺るがすものであっても。

どうも当事者だけの間で秘密裏に処理されるってことが納得できないなぁと思ってしまいます。


ということを除けば、今回の話は地元が舞台ということもあったので、とても楽しく読めました。