今野敏さんの本ばっかり読んでます(#^-^#)

この本も一気に読みました。


朝の地下鉄霞ヶ関駅で爆弾テロ。犯行予告はあったが、テロにありがちな、だれがどんな意図で行ったかという犯行声明は全くなし。

そして第2の爆弾テロが…。


警視庁の部長刑事。
混血の自衛官。
フランス外人部隊の傭兵。
大学の社会科学の助教授。

さまざまな登場人物がそれぞれの事情を抱えて、この爆弾テロに関わっていきます。


犯人は登場した段階で分かります。ですから謎解きものではありませんが、展開がスリリングで、飽きさせません。

かつ登場人物たちのそれぞれの思いがきちんと描かれ、日本という国についても考えさせられます。

この作者の特徴として、読後感がすっきりしているということがあります。


でも、こういう犯罪がホントに起こったら…なすすべがないよな。