今更ながら『ハゲタカ』を読みました。
いや、おもしろかった。話題の本だったから、早い段階で買いはしたものの、経済って極めて苦手な分野なんですよね。
だから、なかなか読み始められませんでした。
でも、いざ読み始めたら一気でしたね。

『バブル崩壊後、未曽有の経済危機に見舞われた日本に一羽の“ハゲタカ”が舞い降りた。
その男、悪魔か救世主か―』

ストーリーは“ハゲタカ”と呼ばれる鷲津政彦を中心に展開していきます。

企業買収の様子を横軸に、花井淳平という一人の会社社長の自殺の謎を縦軸に、瀕死状態の企業や銀行を買収し、再生していく鷲津の姿がリアルに描かれています。

銀行の再編やら、企業の買収やら、倒産、破産…新聞でいろいろ書かれているけど、こんな裏側があったなんて、本当に知りませんでした。
そもそも“投資ファンド”って何?というレベルの人間でしたから…恥ずかしながら。

でも、そういう者が読んでもおもしろいのです。

早速□も買ってきました。
さあ、頑張って読もう♪